今すぐできる!意識空間を拡げる呼吸法で、ストレス解消!

今日も、1日が終わりました!

といっても、今日は、昨日から熱が出て、久しぶりに体調が崩れたのと、
市役所まわりで、立ち寄るところがあったので、
昼以降の出勤となりました!

お腹の風邪かな?
に、なったのか、お腹がちょっと痛いなぁ、頭がぼーっとするなぁ、と、思ったら、37.9分ありました。

普段から、健康管理には気をつけているつもりでしたが、
多分?食べ物から、なってしまったのかな、
とはいえ、外食は、気をつけようがないしな、、
まぁ、とにかく、気をつけます!


今日は、昼からだったので、勤務時間も、普段の2/3程度。

そのなかで、毎日マストの数字を、クリア出来たので、
時間あたりの生産性は、良かったです。


私が普段、仕事をしながら、良いパフォーマンスをし続けるために、自分のコンディションを整えるひとつの方法として、呼吸法があります。

ヨガや、瞑想、武道の世界においても、呼吸法は、広く取り入れられています。

私が習っていた少林寺拳法にも、
激しく乱取りをした時や、演武をした時に、
乱れた呼吸をいち早く整えるために、
吸うときは、スッ!っと、一気に短時間で吸い、
はくときに、ス〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ッと、できるだけ、長く、細くはく。
という、呼吸法があります。

息があがったときは、えてして、ハッ、ハッ、ハッ、と、呼吸が浅くなりがちですが、
敢えて、一気に、スッ!と吸い、
ス〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ッと、長く細くはくことで、短時間で呼吸を整えるのです。今も時々、使っています。

呼吸法のリズム


日常で仕事をしながら、自分の認識にハマったり、
手厳しいお客さまと出会ったり、
ストレスがたまると、呼吸法で、呼吸を整えます。

これには、少し独特のやり方があって、
はく、から始めて、
はいてー、はいてー、はいてー、はいてー、はいてー、
の、5リズムのあと、

呼吸を止め、1,2,3,秒、

そのあと、
すってー、すってー、すってー、すってー、すってー、
の5リズムのあと、

呼吸を止め1,2,3,秒、

あとは、同じサイクルです。


そしてはいてー、はいてー、はいてー、はいてー、はいてー、のときに、
自分の意識空間が、どんどん膨張していく、イメージを持ちます。
最初のはいてー、は、
体の自分、
次は、地球をイメージし、
次は、宇宙の太陽系をイメージし、
次は、宇宙の銀河系をイメージし、
最後は、宇宙全体の外をイメージします。

どんどん、意識空間が、広がっていっていますよね。

吸うときは、この逆です。

最初のすってー、は、宇宙全体の外をイメージし、
次に、宇宙の銀河系をイメージし、
次に、宇宙の太陽系をイメージし、
次に、地球をイメージし、
最後に自分のからだに戻ってくるイメージです。

 

森羅万象、万物全ては、自分であり、また、自分と繋がっている。

このイメージを持ったうえで、陰と陽、プラスとマイナス、表と裏のように、繋がって、循環するイメージで、呼吸をする。

このからだは、
自分でもあり、
地球も自分であり、
宇宙の太陽系も自分であり、
宇宙の銀河系も自分であり、
宇宙全体の外も自分であり、
どんどんとけて、、ひろがっていき、、、

逆に、宇宙全体の外も自分であり、
宇宙の銀河系も自分であり、
宇宙の太陽系も自分であり、
地球も自分であり、
このからだは、自分でもあるところまで一点に集約させて、
今ここ、
この瞬間の現実に、戻ってくる。

 

ストレスや、嫌なことがあったとき、”このからだ”、”この自分のからだ”だけで、解決しようとしてませんか?

それもいいと思います。

ただ、よりひろく、ふかい、イメージや、世界も活用すると、”このからだ”の、ストレスや、嫌なことは、
案外、小さいことかもしれません。

”このからだ”だけを自分と思うのか、
それとも、”宇宙全体の外”すらも自分と思うのか、

自分自身をどう思うのか、
このアイデンティティ設定いかんで、問題解決の次元が変わってくるかもしれません。

※はくときは、口で、すうときは、鼻で、やってみて下さい。

 

こころのあり方が大事。

楽しく生きたいあなたへ。

お客さまの声は、コチラから☆

無料カウンセリングのお問い合わせは、コチラから☆

↓他の方のブログが気になる方はこちら↓


生き方ランキング
人気ブログランキングへ

Related Entry

自分磨きしたいひとに取り入れて欲しい6つのイメージ。

1日は、24時間。

"あり方"を変える!?新しい自分になる、たったひとつの方法。

人生変えたいと思っているあなたに、伝えたい、二つのこと。

過去に執着しない!パートナーから伝えてもらった大切な2つのこ...

負けない自分になる!今の自分にチャレンジすること。part2