今の仕事を何のために働くのか?考えたことはありますか?

何のために働くのか?働く意味とは何か?
仕事が行き詰まった時、仕事がうまくいかない時に考えること。
そもそも、何のために働くのか?なんて、仕事がうまくいっている時は考えないもの。
今回は改めて、何のために働くのか?その疑問について、”目的”と”手段”に分けてお伝えしていきます。

 

最近、働き方や、ライフスタイルの変化があり、
特に自分の部屋の空間をキレイにすること、そして、それをキープすることに努めています。

空間をキレイにすると、不思議なもので、
今まで、なんとなくイイかなぁ、と、先延ばしにしていたことや、
今ここ、で、向き合わなかったことに対して、より早く向き合えるようになってきました。


働く時間も、
自分が住む空間も、
自分に合っていることが大切だと感じています。

仕事は何のためにするのか


さて、、お金のため、生活のため、やりたいことのため、いろいろな理由で、みなさんお仕事をされていますが、普段のお仕事に忙殺されてはいないでしょうか?

仕事こそが、自分の人生!生きがいだ!
という方もいるかもしれません。

でも、、
私が最近、よく思うのは、
仕事を"目的"ではなく、
"手段"に変えてみること。

生活のために、仕事をするのではなく、
仕事をとおして、本当にやりたいことを達成していく。

私の親もよく言います。
"みんなさ、生活のために、仕事してるわけで、仕事なんてやりたくて、やってるわけじゃないんだよ、"
みたいなこと。

でも、本当にそうなんでしょうか??


確かに、今の世の中、前提として、資本主義経済のうえに成り立っていますから、、、
お金のパワーは、スゴいです。
物を買うにもお金は必要です。


ただ、、、お金を得るためだけに、働くのは、ちょっと違うかな、と、感じます。


お金とは何か??

という問いにも繋がってきますが、、
それについては、今回は、おいといて、、、

とにかく、お金のために働くのは、お金の奴隷になっている気がするのです。

例えば、営業会社で働いていて、
毎月、毎月、数字を追って、いつの間にか、それがルーティンになっていて、
どんなに、ある月に良い成績をあげても、翌月にはリセットされるわけですから、、
やがて、疲れてきて、
何のために数字を追うのか、何のために働くのか、
分からなくなってくる。。

こんな経験、ないでしょうか?

”営業会社だから、数字を追うのは、当たり前でしょ!?”
はい、おっしゃるとおりです。

仕事は、目的なのか手段なのか


ただ、収入のために、仕事を"目的"とすることと、
自分自身が達成したい何かのための"手段"として、仕事をやること。

同じ仕事でも、両者は違います。

前者は、前述したように、どんどん行き詰まっていくことが多くなると思います。

後者は、あくまで、手段なので、たとえ上手くいかなくなっても、
達成のためにどうすれば、いいのかの試行錯誤が前向きに、或いは建設的にできます。

言い換えれば、仕事を、ゴールとするのか、
それまでのプロセスとするのか、です。


私自身、営業で数字を追いながら、ふと、時々、何のために仕事をしているんだろう?と思う時があります。

そんなとき、目的なのか、手段なのか、を改めて、考えます。


これを読んでいるあなたは、仕事を、どちらにしているでしょうか?


あなたが本当にやりたいことは、今の仕事ですか?
あなたにとって、仕事とは何のためにするものですか?

もし、今の仕事が上手くいってないのなら、
少し立ち止まって、振り返るのもよいかもしれません。

立ち止まって、振り返ってみると、何かが見えてくるかもしれません。

何も見えないかもしれません。
でも、、、何かが見えてくるかもしれません、そしてそれによって、今までとは全く違う選択をするようになるかもしれません。

全く違う選択をするようになって、自分の可能性や、人生の幅が広がってくると、、、
想像しただけでもワクワクしませんか?

 

こころのあり方が大事。

なりたい自分になれる、あなたへ。

お客さまの声は、コチラから☆

無料カウンセリングのお問い合わせは、コチラから☆

↓他の方のブログが気になる方はこちら↓


生き方ランキング
人気ブログランキングへ

Related Entry

負けない自分になる!今の自分にチャレンジすること。part2

"あり方"を変える!?新しい自分になる、たったひとつの方法。

何かやりたいけど、何をすればいいか分からないアナタに伝えたい...

落ち込むときこそ向き合ってほしい。ピンチをチャンスに変えるワ...

なりたい自分になる。そのカギとなる、どんな”○○”をしたのか...

条件、状況に左右されない、本当の独立した意思決定とは