自己成長のたった一つのポイントは、○○を変えるのではなく、在り方を変えること。

自己成長するには、”やり方を変える”のではなく、”在り方を変える”。
聞いたことのあるフレーズ、かもしれませんが、、、
では、どう変えるのか。
この自己成長の為のやり方を変えるとは、”行動を変える”、在り方を変えるとは、”認識を変える”、とも言えます。
今回は、そのために必要なことをお伝えしていきます。

 

先日の恒例の仕事仲間とのミーティングでのこと。。。

いつものように、今週一週間の自身の行動を振り返ってみて、そのことについてアウトプットしていたところ、、、

突然、

のりさん、行動が変わってるだけで、
認識の変化あった?

てか、行動の変化じゃなく、
認識の変化を振り返ろうって、言ったじゃん!

と、突っ込まれました。


私自身は、”認識の変化、成長”を語っていたつもりが、
実は”行動の変化、成長”しか語っていなかった。

また、それに”気づいていなかった”ことに、気づかされたのです。


私は、今まで、個人プレーが大好きで、
仕事も、プライベートも個人プレー、もしくは、
私の個人プレーに合わせてもらっていました。

なので、今月はそんな自分に対して、職場では、
特に、チームプレーを意識して仕事に取り組み、
結果として、数字も出ていました。


そもそも、個人プレーをする私が、チームプレーをすること自体、私のなかでは、チャレンジであり、変化だったので、
日々、充実していると感じていたのですが、、、


それが、私のアウトプットを聴いている二人から観ると、、、

個人プレーが×、だった。

だから、チームプレーをすることが○、で、今、結果が出ていて、喜んでいる。

と、感じたのです。

さらに付け加えるなら、
私が思う、私のチームプレー像みたいなのがあったり、
(チームプレーとはこういうものだ、という勝手な思い込みや、決めつけ)
数字を出すためには、こうしたらイイ、みたいな、行動の理想像があり、
"かたちのないものを、私が私流に、勝手に形化"
していただけだったのです。

在り方を変える

これでは、ある意味、どこか今までの自分の延長線上の行動の変化だけであり、
真に、新しい挑戦や、新しいことを創造していることにはなりません。


過去に縛られた行動や、既存のやり方ではなく、この、真に新しい挑戦や、新しいことを最創造することが、
”行動”ではなく、”認識”を変えることであり、
即ち、”やり方”ではなく、”在り方”を、変化させることなのです。


そして、それこそが、私が望んでいる変化だと、再認識しました。

と、同時に、自分の現在地も、またリアルに感じたので、けっこうショックも受けました。

なんか、日本が全てだ!
と、思っていたのに、
日本は、世界の国々の一部でしかなく、世界は広いんだ!と、
思い知らされたような感覚です 笑

伝わっていますかね。。。。



自分のことは、なかなか自分では観えないもの。
自身を客観視するために、外から気づきを与えてくれる存在、仲間は、本当にありがたいです。


私の今の課題、
Aのやり方をBに変えた、の、
現象から現象への変化ではなく、

その根幹となる、認識、在り方の変化をすること。


そして、全く新しいものを創っていくには、
既存のやり方や、その延長線上のやり方ではできません。

在り方(認識)を変えるためには

では、どうやるのか。
そのポイントのひとつが、今までの自分のやり方を一旦、リセットすること。

このリセットすることが大事です。

しかも単にリセットするだけではなく、”オールZERO化”すること、です。

そして、この”オールZERO化”が、簡単ではない。です。

どうしても、脳の機能や、脳のクセに負けてしまうことが多いです。

ただ、それも日々のトレーニングでもあるので、
今月も、少しでも新しい認識で勝負できるように、最後まで邁進していきます!

”オールZERO化”については、カウンセリングや、セッションで詳しくお伝えできれば、と、思います。

 

こころのあり方が大事。

楽しく生きたいあなたへ。

お客さまの声は、コチラから☆

無料カウンセリングのお問い合わせは、コチラから☆

↓他の方のブログが気になる方はこちら↓


生き方ランキング
人気ブログランキングへ

Related Entry

なりたい自分になる。そのカギとなる、どんな”○○”をしたのか...

思考を、クリエイションに使うこと、とは。

育った環境に左右されない、新しい決断。とは

1日は、24時間。

失敗は取り戻せる!?さぁ、”○○○”から始める、たった1つの...

アウトプットが苦手なアナタがスッキリする!たった1つのポイン...