失敗は○○のもと。失敗から学ぶ、3つのルーティン。part1

私は、昔から、多分、小学生くらいの頃から、

どう生きたらイイのか、
どう生きればイイのか、
人生とは?
生きるとは?

の、問題意識が、上記ほど明確でないにせよ、あったと思います。
小学校の時に、人間力や、人間関係力に優れた子、
つまり、いろんなことに対して、気を遣えたり、配れたり、考え方がしっかりしている子に対して、
"この子は、このまま成長したら、どんな子になるんだろう。"

”これだけスゴイ子が、これ以上成長するのかな?”

と、その子の内面を感じて、勝手にその子の将来を心配したり、
中学や、高校の時も、学校で授業を受けていて、
ただどこか、漫然と日々のルーティーンをこなしている自分に疑問を持って、
"学校1日サボっていろいろ考えたいなぁ。"
と、思うときがありました。
でも、それは、考えても考えても、
"答え"
が、あるわけではなく、
誰かがそれを、示しているわけでもありませんでした。もちろん、学校で学ぶこともありませんでした。

大学、専門学校、就職、と、
時がながれ、場所や、出会うひとが変わっていっても、
その”答え”は、見つかりませんでした。
なんとなく、言ってることは、分かる。

伝えたい、気持ちや想いも分からなくもない。

でも、、、
突き詰めていけば、
最終的には、精神論になったり、
言語化ができなかったり、
結局、そういうことだよ!
と、曖昧にされたり、
仕事では、そうするものなんだよ!
と、命令されて、終わり、、、でした。
今、思えば、私は、
なぜなのか?
どういう仕組みなのか?
突き詰めていって、、

ひとつひとつの言葉の裏付けや、
その背景を理解したかったんだと思います。

理解して、納得して、腑に落ちないことには、体が動きづらい。行動したくない。

そういう側面もあったと思います。
1+1=2。2×2=4。
これは、分かる。
上から下に、物は、落ちる。
=万有引力の法則。
これも、分かる。

教科書にのっていて、学校で、学べますから。
ですが、
万有引力の法則は、
"なぜ、成り立っているのか?"
"何によって、どんな力で成り立っているのか?"

或いは、人生や、生き方において、
"生きるってどういうこと?"
"本当の自分の人生って何なの?"

これらの質問に対しての答えは、

教科書にのっていませんし、学校で、学べません。

現代社会においても、明確に答えられる方は、
ほぼいらっしゃらないと思います。
しかしながら、私自身、おかげさまで、その答えと出会って、、、約6年が経ちました。
ただ、探し求めいた答えが分かってからが、、
実は、、本当のスタートだったのです。
全く料理をやったことがない人が、
カレーを作りたい!
と、思って、
カレーのレシピを手に入れた!

でも、、
そもそも、4人分の材料だと、どのくらい必要なんだっけ?
ルーは、市販のものだけ?
それとも、スパイスから作る?
そもそも、包丁使ったことないけど?
鍋の大きさは?
フライパンって使う?、、、

などなど、
"カレーを作る"

というゴールまでには、
いろいろなものが、繋がってこないと、ゴールまでたどり着けません。

途中で、必要な具材を入れ忘れたり、
肉を大きく切りすぎたり、
水の分量を間違えたり、
塩と、砂糖を間違えたり、、

初めて料理をするひとにとっては、起こりうることだと思います。
ここでお伝えしたかったのは、
"レシピ、"
つまり、
"答えを、"
手に入れても、
それを、この現実で、日常生活で使いこなせなければ、
"カレーは、作れない。"
つまり、
"自分の人生は、豊かにならない。"
自分と繋がらず、ただの知識、"ひとり学"、頭でっかちで、終わってしまうということです。

では、どうすればいいのか、を、次回お伝えしていきます。

 

こころのあり方が大事。

楽しく生きたいあなたへ。

お客さまの声は、コチラから☆

無料カウンセリングのお問い合わせは、コチラから☆

↓他の方のブログが気になる方はこちら↓


生き方ランキング
人気ブログランキングへ

Related Entry

条件、状況に左右されない、本当の独立した意思決定とは

自分磨きしたいひと必見!自分磨きのポイントは自分の”○○○”...

本質とは何か。本質を知ることで得る○次元へのアプローチ法。

なりたい自分になる。そのカギとなる、どんな”○○”をしたのか...

落ち込むときこそ向き合ってほしい。ピンチをチャンスに変えるワ...

自己成長のたった一つのポイントは、○○を変えるのではなく、在...