セルフコントロールするために必要なたった1つの自分の考えや感情を観るイメージ。

私、自己中なんですね。

今さらながら、なにを、、、そんなツッコミは求めていません 笑

自分のしたいことを、

したいぶんだけ、

してきた。


もとい、させてもらってきました。

両親や、友人、職場の同僚、先輩、上司。。。


私の親は、マジメな親なので、
マジメなぶん、日常の生活ルールの制約もいろいろあり、、
男なのに、高校生になっても、門限、21:00とかでした。
シツケも厳しく、よく、ビシバシやられましたしね。

それでも、今だに、ずっと、感謝の気持ちを持ち続けられるのは、
なんだかんだ言って、
最終的に、私がしたいことの、バックアップをしてくれていたということ。
見守ってくれていたんだなぁ。。


友人も、、、気を遣ってたんだろうなぁ、
今、思い返しても、本気で、相手に切り込むことはあっても、
切り込んでくれるひとは、少なかったなぁ。


先輩や、上司にも、迷惑かけたなぁ。
よく、たてついて、いたしなぁ。
美容師時代、私は、客観的に正しいと思ったことがあると、
(といっても、私の主観も多分にあったかもしれません。)
相手が、先輩であれ、店長であれ、オーナーであれ、
上下、立場関係なく、噛みついていました。

"それ、おかしくないですか!?"
"私は、こう思うんですけど!!"
みたいな。。。

いやはや、、、

それでまぁ、、

ここまでよくやってこれたものだ、、、

みなさん、すみません。。
そして、育ててくれて、ありがとうございます。。

あいや、謝りの文を描きたいわけではなく、
感謝の発信を伝えたいのでもなく、、、


”このからだを、自分だと思わないこと。”

そのイメージが入ってきてから、
上記の内容が、よくよく感じられるようになってきたのです。

なんか、じわじわしみこんでくる感覚です。


このからだを、自分だと思わないことで、、

”なんか、べつに、、、いいじゃん。”
が、
”あ、やっぱり、迷惑をかけてたんだなって。”

に、変化したんです!!


逆に、、、
このからだを自分と思うと、
このからだは、私であるということになります。

は?

当たり前のことじゃないの!?


いえ、そうではなく、
このからだを、自分だと、当たり前に思うこと。
こう考える自分を、自分だと、当たり前に思うこと。
この行動をする自分を、自分だと、当たり前に思うこと。


当たり前のようにやっていること、
言い換えれば、無意識でやっていることって、
自分自身では、気づきにくいもの。

ひとから、指摘されて、
"そうだったんだぁ!"と、気づくこと、あると思います。


当たり前でやっていると、
自分の行動が主観的にしかみえません。

無意識でやっていると、
相手を傷つけていても気づきづらいと思います。


自分自身の考えや、感情や、行動を、
少し離れたところから観る、
少し高いところから観る、
一言で言えば、俯瞰できれば、、、、

"あ、こんなことしちゃってる自分いるんだぁ!"
とか、
"こういうひとの、ああいう言い方に、カチン!とくるんだぁ"

と、気づけます。

その気づきが、幽体離脱の第一歩。

イキナリ、幽体離脱と、言われましても、、困りますよね。

すみません。

その気づきが、
このからだを自分だと思うこと、
すなわち、自分のからだを、自分が所有しているんだ、という感覚が薄れていく、第一歩です。


ここで、お伝えしたいのは、
このからだを自分だと思わないことが、正解!

ではなく、

”このからだを自分と思うことも、”

”このからだを自分だと思わないことも、”

”両方楽しめれば、”ワクワクしませんか?(^^)
ということです。


今まで、このからだを自分と思うこと、

だけの感覚だった。

そこに、、

このからだを自分だと思わない、

感覚がプラスされる。。


やれること、2倍!

楽しみも、2倍!

わっくわっくです!!


何事も、わくわくのこころを持って楽しむこと、

これ、即ち、本質です。


次回は、コップのことを、例にあげて、もう少し分かりやすくお伝えしていきます。

 

こころのあり方が大事。

楽しく生きたいあなたへ。

お客さまの声は、コチラから☆

無料カウンセリングのお問い合わせは、コチラから☆

↓他の方のブログが気になる方はこちら↓


生き方ランキング
人気ブログランキングへ

Related Entry

もっと!仕事が楽しいと思える、2つの考え方。

まず、在り方を変えることから!?全く新しい目標行動計画の立て...

目に映るひとから、波紋を拡げていくこと。

準備が大切!?仕事がうまくいくたった一つの方法。

時間を無駄にしない方法!ムダな時間と感じる自分と向き合うこと...

なるほど!目標計画の立て方が楽しくなる”○○統一方法。”