気づきと、成長速度が2倍に!?コミュニケーション能力アップの3つの秘訣。

私は、気づきの数と、成長のスピードは、比例していると、思います。

また、気づきは、外からきますが、
気づくのは、中から(自分の)、と、感じています。


それから、、、

まず、気づくこと。
それから、その気づきをシェアすること。
それによって、相手に、気づきと成長を与え、
同時に、また、自分も気づきを得て、成長する。


① 自分が気づいたことをまず、自分なりに、整理してみる。

② それを今度は、相手にアウトプット(言語化)してみる。
相手にアウトプットすることによって、
自分の理解の深いところや、浅いところの差が明確になるのです。

③ 自分のアウトプットを、
相手がインプットした後、
今度は逆に、相手のアウトプットを、インプットする。
(相手の気づきのアウトプットから、フィードバックをもらう。)

そして自分が気づいたことを、相手にアウトプットし、、、

この、循環の繰り返し。
それによる、成長。

気づき→循環→成長。
この、ルーティーン。

真理のルーティーン。です。


気づき→循環なのですが、
お互いの、”濃度密度が均一”だと、循環が、スムーズに起きやすいです。

濃度密度均一状態、、つまり、、、
考え方の方向性、
思考方式、
思いや、
気持ちが、、
お互いで、同じ状態になることです。


例えば、二人で、楽しく、同じ料理を作りたい!
と思っていても、、、

一方が、パスタを作りたい!
もう一方が、カレーを作りたい!
この状態だと、料理を作りたい!気持ちがあっても、同じ料理は作れないですよね。

だから、各々がこれを作る!ではなく、

お互いカレーを作る!
と決まると、(濃度密度均一状態になると、)
まず、野菜を切ろうね、
とか、スパイスは、これとこれを入れて、、、

と、いった話ができるようになります。


濃度密度均一化になると、
コミュニケーションのスピードも、飛躍的に上がります。

1をきいて、10を知るではないですが、
話すことの大前提が同じになっているので、
1から10まで、全て話さなくても、
"ここってこのイメージで合ってる?"
とか、
"確認なんだけど、そこの部分は、どういう意味かな?"
とかの、必要最低限のコミュニケーションで、
どんどん次に話したいことが、話せていきます。


"そうそう、それそれ!"
"でさ、次は、これ!”
”オッケー!””うんうん、それ分かる!"

といった感覚です。


途中から、濃度密度均一の話になってきていますが、
ではどうすれば、濃度密度均一化は、起こるのか。

これは、一言では、なかなかお伝えしにくいのですが、、、

がんばってみます!!

先程の料理の一例を出すと、
二人とも、料理をしたい、
という、”共通の認識”はあるものの、
パスタと、カレー、
で、分かれていて、”均一”ではないですよね。

そもそも、ひとの数だけ、
考え方や、価値観、感覚、感じ方、判断基準は、違いますし、
それゆえに、料理を作りたい気持ちがあっても、その時、何を作りたいか、は、違っても不思議ではありません。


では、料理の一例の場合、
共通認識が取れているのは、どこか、、、
それは、

料理をする、

というところです。


この前提条件を、共通認識として、共有したうえで、
何の料理を作るのか、
と、考えたほうが、濃度密度均一は、起こりやすいです。

つまり、最初から、
パスタ作りたいんだけど、
カレー作りたいんだけど、
どうする?
ではなく、、、

"最近、辛いもの食べてないよねー。"
"辛いものといえば、カレー??"
"じゃあさ、久々に作らない??"
"イイね!"

というふうにすれば、濃度密度均一化は、すでに起こっています。

もちろん、ものすごく簡単にお伝えしたので、
本来は、こんなに単純なものではないのですが、
少しでもイメージを、共有してもらえると、嬉しいです。


こころのあり方が大事。

楽しく生きたいあなたへ。

お客さまの声は、コチラから☆

無料カウンセリングのお問い合わせは、コチラから☆

↓他の方のブログが気になる方はこちら↓


生き方ランキング
人気ブログランキングへ

Related Entry

聞く力より聴く力!?コミュニケーション力アップできるたった1...

耳をすませば。

相手との距離感がつかめない人が、ほど良い距離感を手に入れるた...

目に映るひとから、波紋を拡げていくこと。

相手を優先する気持ちは大切?!自己中心的な私が変化した1つの...

生かされていることを実感できる、いつも口にする”あの”感謝の...